美白の成分について

美白の成分には、いろいろありますが、ビタミンCを含むものが多いです。

「アスコルビン酸」は、ビタミンCとよばれているものの正式名称で、強い還元力があることで知られています。

しかし、成分が不安定なため、肌への吸収がうまくできません。

そこで開発されたのが、「アスコルビン酸グルコシド」です。

これは、ビタミンC誘導体の一つで、安定性が高いので、肌への吸収がよく、本来のビタミンCとしての効果が期待できます。

「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」も、ビタミンC誘導体の一つで、よく雑誌などには、「VCIP」と書かれていますので、目にしたことがある人も多いと思います。

これは、油に溶けるビタミンC誘導体なので、オイル系の化粧品に配合されています。

他にも、「アルブチン」「 桑白皮エキス」「油溶性甘草エキス」などがあり、化粧品の種類によって、使われる美白成分も変わってきます。