しみと美白の関係

美白効果があるといわれる化粧品などには、しみの元となるメラニンの発生を抑制する働きがあります。

メラニン色素は、お肌が紫外線にさらされた場合、お肌を守ろうとして、一生懸命出てきます。

これは、とても重要なことなのですが、大量に生成された場合には、困ったことになります。

ターンオーバーによって、普通は、お肌の垢となって剥がれ落ちるものですが、それがうまくいかず、お肌に残ってしまい、しみとなってあらわれるのです。

しみができると、すぐに美白と考えがちですが、大切なのは、美白よりもまずお肌を保湿することです。

たっぷりの化粧水で十分保湿をしたうえで、しみの部分には、美白効果が期待できるビタミンC誘導体配合の美容液などをつけると、メラニン色素を吸い取ってくれます。

そして、日頃から日焼け止めなどをきちんと使用して、しみが増えないように心がけましょう。